読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラがよりメンヘラだった過去を記録して反省するブログ

厨二病とメンヘラは大人になれば治ると思ってた!

2011.09.17 余裕が出てくると色々考え始める→つまり暇なんだね?

 

さて、そんなわけで、ダブリンに戻ってきて2日目。
みんなそろそろ楽しい日記は見飽きたよね?というわけで、久々の欝日記、いきまあーす!(あむろ、いきまあーす!の雰囲気で)
いや、個人的には全くもって欝モードじゃないんですよね。
欝とか、気力いるよね、みたいなwwwwwwww

まあ捕らえようによっては、またこれ系かよーってなるかもしれないので、
あらかじめいっときます。

 

*******************************

 


そもそもこっちに来た理由は、

・英語しゃべれるようになりたい
・自分が何やりたいのか見つけたい
・現実逃避←

だったんですけどね。

 

こっちにきて、

何がしたいか、とか
何ができるか、とか
何をすべきか、とか

いろいろ考えてみましたけれども、
結論としてたどり着いたのは、


ニートの境地でした。

 


・・・え、そんな投げやりなって感じですけど。
しかも開き直ったからってどうなるもんでもないんですけど。

 

社会に出て、
毎日同じ時間に起きて、
毎日同じ電車に乗って、
毎日同じビルに向かって、
毎日同じ人と挨拶をし、
毎日同じ席で業務をし、
毎日同じ電車で帰り、
毎日同じ時間に寝るっていう生活が、いやだったわけです。

だってこんな生活なら、私はロボットとか、もっとかわいい子に生まれてもよかったんじゃないでしょうか。

今までの私の人生は決して不幸ではなかったけれども、
内面からも外面からも自ら損を生み出す、究極の自業自得設計になっておりまして、
その他大勢というグループにまぎれてロボットみたいな生活するなら、
そんな設計に生まれて、いろいろ損して、それを毎日感じて、コンプレックスやトラウマになる必要、なかったんじゃないですかね、って誰に文句言ってんのかわかんないですけど。


そんな元も子もないこと言うなよ、という感じも否めませんが。


まあそう思ってたので、
自分のことは嫌いだし、
自信なんて0どころかむしろマイナスですって感じだし、
決してポジティブなんかになれなかったけど、
ネガティブながらも、自分に諦めがついていたわけでは無かったんですね。


この状況を打開できる策があるはずだ、とか
このマイナス面を埋める、自分にできるプラスの何かがあるはずだ、とか
少なからず何かしら希望みたいなのを捨てきれずにいたんですよね。

まあ自分のことだし?
諦めたらそこで試合終了だし?

 

でもこっちきて、
半年経って、
ついにたどり着いたのは、完全諦めの世界、つまり、ニートの境地でした。


なんでそこにたどり着いたかと言うと、
最近いろいろ気づいたことがあって、

こっちきて、日本人とうまく付き合えなくて、
日本でも難しい部分はあったけど、それは合う人・合わない人がいるんだな、って思ってたんですよ。
そいで、こっち来てる日本人って、やっぱ私みたいに変なのが多いのかなーって。
だからうまく付き合えないのかも!てへ!とか思ってたわけです。


でもね、ようやくわかったんですけど、
私、そもそも人間関係築けない人間だったんですね。

今までたまたま許容範囲が広すぎる人が周りにいただけで、
基本的に人間関係築けるようなコミュニケーション能力なんてないんだってことに気づきました。

というのは、こっちに来ている日本人の一人に言われたのが、
「人の気持ちになって考えてから、言ったほうが良い」ってことだったんですけど、
人の気持ちとか、状況って何?って思ってしまったわけです。


だって私は私だし、その人なんかになれないし、
かといってもちろん私の気持ちだけで考えるのは単純に自分中心なだけなので、
私が知りうる中の常識の範囲内で考えた結果そういう発言をしたけれども、

私が常識だと思っていたことが常識でなかったとわかった今、
私は何を素にして自分の発言を考えればいいのかわからんくなってしまいました。
というか、間違いに気づいた今、どう修正すればいいのかてんでわからないです。


そして案の定、私は久しぶりに親友に会ったというのに、
どう振舞えばいいのかわからなくて、いつもっぽくしてたけど、
やっぱりどんどんみんなの顔が曇っていって、
『不安は確証へと変わる(笑)』


英語がしゃべれないので、
芋づる式で日本語もしゃべれなくなったみたいでした。

 

 


そしてさらに、能力についても。

自分は何ができるんだろうって、いろいろ考えてみましたけど、
やっぱ、考えても考えても考えても考えても考えても考えても思いつかなかったんですよね、文句を言うこと以外。

やっぱりどうしても、私は文句だけ言ってるし、言いたくて言いたくて、黙れない性格なんだということを再確認しまして、
もうなんというか、それだけが唯一の能力でしかないんですね。

というわけで、何も能力がないということは、やっぱり社会活動に参加して、言われたとおりのことを、こなせないながらも従い、毎日同じ○○をこなすのが、最善の道だったわけですね。


ところがここで、
最善の道だったということに気づいた今でも、
じゃあ会社を辞めたことを後悔しているかというとそうではないのです。

 

だから、ニートの境地なんです。
もう全部やりたくないなーめんどいなーという究極のニート化。

 

今まで散々死にたいとか欝だとか言ってきましたけど、
実際飛行機とか乗ると、離発着こえーよー死にたくないよーとか思ってたんですよね、正直。

でも昨日の飛行機で、そう思わなかったというか、このまま墜ちて死んじゃってもしょうがないか、と思いました。
死にたい、っていう中二病的なものより、まあ、運悪くても仕方ないか、みたいな感じですかね。

 

私には、二つしか選択肢は無くて、
何かの駒とさせていただくか、さようならか。

世の中には選択肢を増やせる人もいますが、
私にその能力はありません。

できないって言ったらそれまでだよ!みたいな人も絶対いますけど、
できるって言ったから全部できるわけじゃないですよね?
てことはできないこともあるんですよね。


諦めて絶望しているというわけではなく、
ただ、希望とかいう不確定すぎる、よっぽど中二病的なものを持つ気が起きません。

なので一般人は、何も持たない代わりに
ただ”すべきことをする”だけなんですね。

でもそれを、
えーやだーやだーやりたくなあーい!っていうのがニートなので、
ニート化おめでとうパーティーなわけです。

 

 

帰る気も無いし、居続ける気も無いし、
どうするかって考えても、どうもしたくない。


そんなわけで、こっちに来た意味はあったと思います。
こんだけわかることできましたしね!


ここまで読んだ人がいるのか、
そしてその中のどれだけの人が「あーはいはい(笑)」って思ったのか知りませんが、

私はみんなほんとすごいなーって思います。

(余談系)2011.09.04 在アイルランド日本大使館がモルモン教の勧誘をしたらしいという噂

(※2011年当時の状況で、人づてで聞いた話なので確証を得ていません。当時私が聞いたままを記載しています。)

 

さて、
いくつかの面接を経て、
なんと、普通に地元のデリでバイトすることが決まりました!!!!

昨日までトライアルとして働いていましたが、
月曜からユニフォームがもらえるそうです!!!!ひゃっほーーー!!

お客さんの言ってることたまにわかんなくて、
みんなに助けてもらってばっかですが、
仕事自体は、サンメリー、フラッグスの経験がかなり生きてる!!!!

でも家と職場が近いせいで、開店前の仕事を任されそうで、若干涙目ww
サンメリーの悪夢再来wwwww
5時起き、6時出勤なり。


まあしかしこれで、即効日本に帰る必要はなくなりましたwwwww
よかったーw

 

でも実は何が一番理解できないって、
一緒に働いているおばちゃんのいうことなんだよねwwww
彼女が何言ってるかわかったときには、私ほとんどの人の言うこと理解できてると思うw


まあでもいつクビになるかわからないので、
いつでもKeep doing my bestなわけですが。。

 

そういえばこっちで同い年の日本人のシングルマザーに会ったってはなしたっけな。

なんとその子は
だんなが昔ヤク中だったのを知らず、結婚して子供を産んじゃって、
で、子供が生後一ヶ月のときに旦那がヤクまたやり始めて、
子供殺すぞ、とか脅されて、旦那の両親の家に避難するも、
旦那の両親はアル中で、そこからも泣く泣く逃げ出し、
なんとかかんとか生活保護を受けられて、今は子供と二人ですごしとるんです。

ただアイルランドの法律上、4年別居しないと離婚できなくて、
かつ、子供のパスポート発行には父親、母親双方の許可が必要で、
旦那はどうでもいいらしいんだけど、旦那のアル中の両親がそれを許可しないから、
旦那もパスポート発行に同意しなくて、
そのせいで、日本にも帰れず、苦しんでおられたわけです。

日本大使館に助けを求めた際なんて
「そうかー君も大変なんだね・・・いや、僕も昔は大変でね、でもモルモン教に入ってからすべてがうまくいってるんだよ!君もどう?モルモ(ry」
とかなぞの宗教勧誘をされるというまさかの展開wwww
つかえねえwwwwwwwww
何のための日本大使館wwwwwww

そこで、うちの教授さんに聞いてみたところ、
個別の案件は発言しかねる、とのことと、国際離婚を専門に扱う弁護士の無料相談などを受けてみたらどうか、ということで、
Yahoo!知恵袋の法律版みたいなやつとか、無料相談ができる弁護士事務所をいくつかGoogle先生に聞いて、そのリンクを彼女に提供したわけです。
で、無料相談ってなるべく一回のメールで解決すべきかな、と思ったので、
どういう情報を提供すべきか、どういう順番で言うべきか、最終的にどういった権利がほしい、どういう問題を解決したいのか、みたいな流れを廃れ法学部卒生の知識から彼女に教えたわけです。

そしたら、
そのひとつの弁護士さんが、無料相談とは思えないほどしっかり相談に乗ってくれて、
さらにはその弁護士
「ああ、私ね、ハーバード時代の友人が外務省に居るから、聞いてみるよ!」
とのこと。

すると後日、日本大使館より彼女に
「外務省から、あなたのお子さんに日本国籍を与えられる可能性があるということで、パスポートを発行するよう言われました」と!!!!

どうやらその外務省の友人とやらは、かなりの高官だったらしくwwww
モルモン教のことをこっぴどく怒られたそうですww
彼いわく「あんな高官、どこで知り合ったの?」とwwww


ここで疑問を持った法学部生のために補足しとくと、
・二人の離婚に関する準拠法はアイルランド
・彼女の子供はアイルランド国籍
・ただしアイルランド二重国籍を認めている→だから日本国民として、日本国のパスポートが付与できる。意外な落とし穴!!w
・生後3ヶ月以内に日本大使館に申請すれば子供は20歳まで二重国籍でおk。20歳のときに、日本国籍を選択すれば、日本は二重国籍認めてないので、アイルランド国籍を捨てることになる。
・現時点で彼女と彼女の娘には、セーフティーオーダーという、旦那から2年間引き離し、安全を確保する権利が与えられている。
アイルランドハーグ条約加盟国。ただし日本は検討段階であるだけで、未加盟。


で、まあここでハーグ条約のせいでちびる日本大使館
突然彼女に
「やっぱり連れ去るってわかってるのにそれを手助けすることはできない」
とのことで、パスポート発行できない可能性を示唆。

途方にくれた彼女、
弁護士にメールをし、しかし居ても他っても居られず、日本に電話。
すると弁護士、
「ああ、○○さん?今ね、あなたのメールみたとこなんですけどね、日本大使館が何言ったかしりませんけど、あなたの状況ならパスポート発行されますからね。今外務省の友達(例の高官)にメール打ってるんで、まっててくださいねー」
と言うノリwwww

そして数時間後、
日本大使館より
「いま日本の外務省と大使館で会議を行った結果、パスポートを発行することになりました」


高www官wwwwwwwwwwwww
ぱわーありすぎわろたwwwwwwwww

しかも彼女が経由国で連れ戻されないよう、
大使館が彼女が日本に帰る必要がある旨、一筆書いてくれるそうです。

よかたよかたwww


さてーそんなわけでなかなか面白い出会いがたくさんですね、アイルランド

まさかこの名ばかり法学部卒の知識が、
ここで少しばかり使えるとは思いませんでしたw

 

さて、ねむいので、そろそろさようなら。
またこんどw

(余談系)2011.08.05 アイルランドで3回引っ越したお話


3月20日〜4月29日  ホームステイ先に滞在。

このときもすぐに移れる家が見つからず、
ホストファミリーの好意により5日ほど無料で泊まらせてもらう。

 

4月29日〜5月1日 リバプール強行旅行

韓国人の女の子にうんざり。
スイス人の女の子にうんざり。
二人の不仲に余計うんざりwwww

 

5月1日〜6月28日 ゴーツタウン

ここでTeddyと運命的な出会い(笑)をはたす。
Teddyとのやりとりは前前回の日記どおりw
この家はなかなか面白かったと思う。

Teddy ⇔ 私
Joanne ⇔ Ray
みたいな関係ですげー居心地悪かったw

まあアル中で夜中に「Fuckin' Bitch!!」とか叫ばれたら誰でもびびるわな。

家主にはデポジット返さないとか脅されるしさ。


で、実はこのとき日本人の友達にこの状況を相談してたわけなんですよ。
そしたらその子、
「私6月中旬から旅行に行って、7月中旬に荷物だけ取りに来て日本に帰るから、うちにくればいいよ!」
って言ってくれて、そこに移るつもりでいたんですよ!

で、24日に、彼女のフラットメイトに私が移ることを確認。
このとき彼女は旅行で家に居ません。

するとフラットメイト
「僕らほかの人にも部屋を見せたいから、君にすぐに貸せるとはいえない」と。

えーーーーーーーーーー!!!!!!

みたいになるじゃん!
なんだよそれふざけんなぼけ!ってもどうしようもないから、改めて部屋探すしかないじゃん!
もうすぐ旅行じゃん!時間ないじゃん!w
で、3日で5個ぐらい物件回って、部屋をとりあえず決めるじゃん。
まあ、危険地帯だけど部屋きれいそうだからいいかな、みたいなかんじでさ。

 

6月28日〜7月25日 旅行 ニース、北イタリア、スイス うはうは。

旅行についてはもう最高の一言ですね。イタリアがすばらしすぎる。大好きイタリア。
ていうかもうイタリアに住みたい。
とりあえずスイスの物価高は泣きそうになるぐらいだった。

 

7月25日〜8月2日 コークストリート

いわゆるよろしくない治安のところ。
犬のうんこが転がりすぎてて笑えたw
家の前の車のフロントガラスがぶっ壊されてて笑えたw
でもちょっと道をまがったとこでは車がめちゃめちゃにされてたw
大人よりも小麦粉の玉を投げてきたり、ビービー弾を連射する子供のほうが怖かったw

そして家の中。
電子レンジがない(もちろん確認不足)
排水溝がどこもかしこもつまる(確認・・・不足?)
水周りが異常に臭う(一ヶ月の間にいったい何が・・・)

というわけで脱出を決定。
部屋を取る人はすぐに決まったものの、
次に移る部屋が見つからないという事実。
いい部屋があったけど、
「2日に返事する」って言われるじゃん。
そこに賭けるじゃん。
「やっぱほかの人に貸す」って言われるじゃんwwwwwww
運ねえwwwwwwwwwwwwwwww

 

8月2日〜8月5日 ホステル生活

ホステルに泊まるその日に次に移る部屋が見つかる。
けど5日からって言われたので、それまでホステル生活。
同じ部屋にホステルで17年生活しているというおじいさんに会う。びびる。

 

8月5日〜いまここ

これでもう引越しは終わりにしたい!!!!!!!!!!
引越しめんどくさい!w

今日から新しい生活リスタートと信じている!!!!!!!!!

この3日は確実に無駄にしたわ・・・。

(余談系)2011.03.29 新天地での浮かれと新生活の疲れを感じる

実際英語しか話してなくてのうのうとは生きていられないのですが。


だぶりんなう、から1週間が経過しました。
順調に太っていましたが、土日の長距離歩行により少し戻った気がします。


日本の皆さんからのバッシングを両手広げて待ち受けるかのように日記を書きます。
空気はいつもながら読みません。知ってるでしょ?wてへ☆


さっきっからベルがピンポンピンポン鳴ってて
どんどん人が集まってくるんだけど・・・ぱーてぃー?

それはさておき、
さーてO君のごとく時系列で書いていくけどめんどいから箇条書きだよ!←


3月19日 出発

・見送りはKちゃん(はーと
・ミールバウチャーをもらうも、食った後に使えないとか言われて猛講義する
・出発前にまさかの成田震度4
・成田空港って柱が少ないしガラスが多いからある意味マジ恐怖
・かばんの中にカッターの破片←
・離陸。恐怖。
・東京都がリアル東京都の形してたw
・富士山を空中から眺める


3月20日 移動で一日使うとかそんな

・香港到着
・ひたすらピグる
・おかゆは塩っ辛いけどうまかった
・まあ夜中なのでお店は閉まっているわけですね、はい
・朝だよー風呂はいりたいよー
・入れるわけもなく出発
バーレスク見た。
・とりあえずアギレラやばいが映画としては微妙
・ひたすら映画タイム
・ウォールストリート、トゥルーグリッド

・ロンドン到着
・まさかの第5ターミナルから第1ターミナルへ
・しかもなぜかのエアリンガス。金返せ。
・帰りはBAは使わない
・ふろはいりたいよおおおおおお
・ヒースローではネットフリーでつかえないの?
・セブンアップが200円近くした
・格安航空の現実を知る。全部有料なのね。

・ダブリン到着
・いつも外国に着くと夜の8時な気がする
・とりあえずバスで途中までがんばる
・タクシーに乗る。タクシーのおっちゃんがステイ先を知らないという事実
・タクシーのおっちゃん、電話で聞く。どうやら彼はわかったらしい。
・無事到着
・兄(26)、身長190cm以上、マッスル、イケメン、彼女持ちだが雲行きが怪しい
・弟(20)、身長190cm以上、ちょいぷに、かわいい系、超美人の彼女持ち
・ステイ先に同じ学校に通うイタリアンガール(美人)がいる
・ようやくしゃわーだよおおおおおおお
・かわいいお部屋に案内され、就寝。


3月21日 初学校

・イタリアンガールズ(美人)と学校に行く
・クラス分けテスト
・よくわからんが中間クラスのようです
・イタリア×2、ブラジル×2、ベネズエラ×1、スペイン×2、ドイツ×1、日本人男性一人
・ラテン系なまりの英語が飛び交う
・でもみんなかなりしゃべれててあせる
・あれ・・・?クラス間違った・・・?
・午後は新入生とシティ・センターへオリエン
・スイスガールと話しながらぐるぐる歩く
・ロシア美女と帰る。17歳。やばい。かなりやばい。
・帰る。飯食う。寝る。


3月22日 迷う

・イタリアンガールズと登校
・授業がんばる
・乗り切る
・日本人男性の発音があまりにも悪すぎて誰も理解できていない
・ただ彼はちゃんとしゃべれてはいるんです
・ランチ。ハーフパスタが全然ハーフじゃない。むしろ多い。
・学生カードを作りにシティセンターへ行くも、迷う
・見つける。作る。道を覚える。
・帰る。飯食う。
・飯後、イタリアンガールとダンドラムのショッピングセンターへ
・biggest in europe って誰かが言ってたらしいけど、どうみてもイオンショッピングセンター
・スタバる。韓国人と仲良くなる。


3月23日 買い物

・授業はひたすらがんばる
・なんとなく理解できてる気が・・・する・・・?
・ふたたびハーフパスタ。だからハーフじゃないってw
・スイスガールとダンドラムショッピングセンターへ
・あまりに冬物を持ってこなさすぎて寒いのでカーデを買う。19.95ユーロ。H&Mありがとう。
・じぇらーとを食べる。欲張って2フレーバーにするも、甘すぎて途中で断念。
・イタリアンガールがディナーを作ってくれる。うまい。


3月24日 ヘイズ!

・相変わらず授業はがんばってるっつーかがんばらないと無理
ハンバーガーがランチメニューというなぞの展開
・肉肉しすぎてわらう
・うちの大学で英語を教えているヘイズとダブリンで会う!
・カフェでトーキング
・彼女が何人か友達を紹介してくれる
・そのうちの一人が仕事を紹介してくれるかも・・・?
・とりあえず楽しすぎました。ありがとうヘイズ。


3月25日 ぱーてぃー

・授ぎょ(ry
・Bewley'sでランチ
・間違って買ったチケットの払い戻しをするためにダブリンバスオフィスへ走る
・AVOCAカフェショップイイネ!
・夜はクラスメートのデイジーが誘ってくれたミニパーティーっつーか、学校の生徒たちがやたらめったら集まる宅飲みwへ行く。
・友達ができる!
・0時前に彼女の家を出て、普通に夜道を一人で歩き、ルアス(トラム)の駅へ
・ダブリンは比較的安全です。場所によるけどw
・とりあえずデイジーが"My house is in front of the station"って言ってたけどそれはうそだw
・0時過ぎに帰宅。やっほい。
・寝る


3月26日 Howth

・オーツと読みます。たぶん。
・曇ってて若干寒い。つーか寒い。
・海に沿って丘を歩く、歩く、歩く。ひたすら歩く。
・疲れたねーといいながらフィッシュ&チップスをたべる。なかなか。
・帰りに別の駅でおりて、ベイサイドの街を歩く。いい景色。
・でも実はこのときものすごくトイレに行きたかったりした
・この日初めてサマータイムなるものを経験する
・疲れる。寝る


3月27日 またも歩く

・ブランチ後、モダンアート美術館へ。
・とりあえずやっぱりモダンアートは理解できません。インテリアにはほしいけど
・にしてもいい美術館や
・そっからフェニックスパークまで歩く
・超いい天気!公園でのんびり日和!
・フェニックスパークからシティーセンターまで15分で行けるとかほざく友達w
・実際は40分かかった
・帰る
・疲れる。寝る

 


で、今日なのですけどね。
今日から恒例の激痛に悩まされているので、ものすごくもだえ苦しんでおりますので、
授業終わってそっこー帰りました。
無理、死ねる。

しかしまあ、
はい、
ええ、
充実させていただいております


花粉が無いってそれはうそだよ、って思うこと意外とくに問題はありません。
大好きなLIDL(激安スーパー)もあるし、テスコもあるし、
近くのお店にはクリアスプリングとかいう英国会社の日本調味料が売られていて、
みりんとかガリとか、あと梅酢まであって笑ったww日本人でもめったに食わねえわw


今は今後の計画を練る必要があるのと、
来月からはやっぱりシェアハウスを借りようかなと。
俄然安いからねえ・・・


ちなみに写真はフェニックスパークです。いいねえええええ!

ほかはのちのちアップします。

2011.03.01 やっぱりやめられない、やめるやめる詐欺と「いなくなりたい」発言

人間って
なんだかんだ単純で

やっぱりてきとーな人間は
てきとーな扱いしかされないんだなと
思いました。
あたりまえのはなしですね。

それなりの対応を受けたきゃ、
普段からそれなりのことをすればいいわけです。


めんどくせえといって
なにもしないでてきとーにやってるから
自業自得なんですね。

かわってませんねえ。
いつものながれですねえ。

 


友達でも
先輩でも
後輩でも

いろいろ事情があるから、
それを理解できない私がいけないのだとは思いますが


どっちかを選ぶ、というよりは
もうその”選ぶ”というフィールドに持っていかれてしまっていることが
すでに結論を導いているような気がします。


ひとり、ふたり、さんにんw

 


自業自得ですめばよかったんですが
それじゃすまないのが今回の問題ですよね。
団に支障がでるとか。

1年はなれてちょうどいいかもしれないですね。
権力だけもって何もしてないんだから、
もうこのままやめたほうがいいかもしれませんね。
潮時かもね。

 

 

 


そして別件で
やっぱり私は責めることしかできないんだなあと
思いました。

あそこで自分の意見を押し通して、
私はただ、自分が責められたくなかっただけなんです。
年下だから、とか年上だからとか、そういうのは考えないにしても、
大人げないなあと思いました。

怖いよね。
怖いんです。
最近もう耐えられなくなるんです。
責められるの。
間違ってても怒らないでほしいとおもってしまう。


「おまえは勝たないと生きていけない」

といつも私にいう父親が大嫌いですが、
父親がいってるとおり、勝とうとしている自分がいます。
相手を負かして、言いくるめようとしてる。
それで優位を得たつもりなんでしょうかね。

 

もうなんかどうでもいいですよね。
向こう行って、そのまま帰ってこれなくなっちゃうっていうのもありですかね。
心配してくれてるじいちゃんばあちゃんには申し訳ないけど。


それなりのことをしなきゃ
それなりの扱いをうけるわけで
責めることで自分を擁護して


つかえねえw

 

はっはー
わらっちゃいますね


だめだもう
さっさといなくなろう


ひゅんってきえちゃえればいいのにねえ
なかなかそうはいかないねえ

 

2011.02.10 現在も化けるのが好きなのはプロフ写真の通りです

なんだかほわーっとした気分なので
最近電車の中とかでぽっと思って、
でも答えが出ないことを無駄に羅列していこうと思います。
皆さんの意見大募集中です。

 


その1:忍耐について

私はわずか8ヶ月で会社を辞めてしまったんですが、忍耐がないといわれればそれまでです。
でもじゃあ同じ会社にずーっと勤めてる人が忍耐があるってことかってと、そうでもなさそうな気が・・。
いや、確実に私よりはありますけど。

そもそもずーっと同じとこにいることが忍耐ではないわけですね。
忍耐を辞書で調べると「苦痛などをこらえること」と出てきました。
苦痛と感じずに続けることは忍耐ではないんですね。
あたりまえですけど。

忍耐とは時間で決まるのでしょうか。
それとも程度で決まるのでしょうか。
ぶっちゃけどっちもですかね。

軽い苦痛なら、より長く耐えるべきなのか、
重い苦痛なら、短くても耐えたことになるのか。

忍耐という語を、対他人用として考えると、
耐える時間が短いければ、忍耐が足りないといわれ、
はたまた長すぎても、積極性がないといわれるように、
忍耐は美徳的な色が強いように思われます。

そしてたとえば、ある人が苦痛と感じる状況にあり、
『耐える』か『変える』かを迫られたとき、
この最初の判断として、『変える』を選ぶことは基本的に忍耐の美徳に反します。
苦痛と感じる状況をすぐに変えることは、逃げと判断されます。
法律に違反している状況下もしくはそれに準ずる状況におかれたときは、判断材料があるせいか、逃げにはならないようですけど。
不思議ですよね。
その場の状況を他人が手助けしてくれるわけでもないのに、
個人の判断を評価し、もちろんその評価はその後の関係にも影響してしまうわけですから。
本人がものすごくつらくても、傍から見てそう感じられなければ、
「あいつは忍耐がない」とかいって見捨てられていくわけです。

個人的に「辛いけどしかたないから」という発言に関しては、
その今辛いことと、何かをてんびんにかけたとき、辛いことよりその何かのほうが重く、
辛いけどしかたない、と言えるということは、しかたないというところに考えが落ち着けるわけですよね。
本気でしかたないと思えないところまでくると、人間、壊れるんですよね。

しかたないって言葉を使ってる割に諦めだとみなされず、忍耐となる。
なんで?
辛いなら変えればいいじゃないですか。
変えるのが無理だと思うならあきらめてるわけじゃないですか。
変えなくてもいいぐらいなら辛いと言いたいだけの悲劇のヒロインじゃないですか。
なんでそれが忍耐という美徳になるんですか。

でもこれは、安定こそ幸せ、という思考から来るのかもしれません。
では安定とは何でしょうか?

 

その2:安定について

学校を出たら、就職をして、結婚して、家族をもうける。
これが、人間の安定パターンの王道らしいです。

安定とは何なのでしょうか。
なぜ人は安定を望むのでしょうか。

まずひとつ思うのは、
上に挙げた王道パターンを辿ってたとしても、
必ずしも安定なわけなくね、って思うわけです。

家族を設けて、息子が殺人を犯したらどうなりますか。
あなたの道は、王道の安定パターンだったはずです。

もしくは、あなたの母親が要介護人になりました。
あなたは40歳からずーっと母親の介護です。
これを人は安定とは言わないらしいです。ばちあたり。

何があるかもわからないのに、
多くの人は、就職に絶対的な安定という地位を置いています。
もう終身雇用の時代は終わっているというのに。

おそらくこの考えは、バブル崩壊までは、あながち間違ってなかったんだと思います。
新卒主義、終身雇用、成長を続ける日本の経済。
最初に入れば一生居れて、働けばその分会社も成長したと思えるような時代があったわけです。
まあ、私、エコノミストじゃないし、しったかぶりかもしれませんが。

でも今は、新卒主義のみ残り、それ以外の二つは崩壊しました。
まったく個人的な勘ですが、今後経済がどういう形で動いていくかはともかく、
今までの、便利さや速さを求めた世の中の動きにはもう限界があると思います。

たとえば、車がなかった時代から車を作るのではなく、いい車をつくる、しかできないと思います。
それでも十分なのかもしれないですけど。

話がそれました。
安定についての話でした。
経済やらなんやらは詳しい人が周りにいくらかいるので、聞いてみようと思います。(他力本願)

で、
まあ絶対的な安定をおいていたりいなかったり、そんなはなしですが、
そもそも、不安定だから、安定を求めるんじゃないんですかね。

しかも、安定しすぎると、それを幸せと感じなくなるくせに、
安定が長くつづけばいいとか言うんですよね。
どうして?
ずーっと幸せだったら、それを幸せとは感じなくなるのに、
ずーっと幸せを望むのはどうしてなのでしょうかね。

またまたちょっと横道にずれますが、
そもそも生態系内では、安定なんか望めないはずなんです。
食うか食われるかだから。
常に生命の危機と隣りあわせで生きるわけです。
安定感ゼロ。むしろマイナス。

安定というのは、ただの人間の優越感やエゴでしかないのかもしれないですね。
そもそも、人間が今現在得ている安定のほとんどは、
何らかの犠牲、それも必要以上の犠牲が伴っているからです。

食う食われるの動物の世界だって、ライオンが今日生きてるのは、あの時食われたインパラのおかげかもしれませんが、
それとは違い、多くの人間は必要最低限という言葉を、実質的に知りません。

友人に動物愛護思想を持った子がいますが、
彼女が主張するように、東京にいる人間が毛皮をつける必要はないわけです。

まあこうやってかっこつけてみたところで、
私は今現在もこんな時間に電気をつけて、パソコンをしているわけで。
ただの言いたがりなだけなのですが。
もういいや、言い始めたからには言い切ってやりましょう。
結局安定というものは、きらきら、ぽかぽかしてそうですが、
ものすごく人間本位な理想なんだと思います。

で、これをふまえた上で安定ですが(いまさら)

どうして人は、王道パターンを歩むことそれ自体が安定につながると考えるのでしょうか。
数字として、サラリーマンは給与体系が決まっているからですかね。
歩合制な技術人にくらべ、定期的に収入があるからですかね。

つまり、人が指す安定というのは、金銭的なもののことをいうんですね。
私、いまさらですけど、気づきました。そういうことか。
そして世の中には、金銭的に安定していると幸せを感じる人が多いんですね。きっと。

私は漫画の読みすぎなのか、夢見がちなのか、
お金よりも目的のために努力をしたり、その環境ができることが充実という名の幸せであり、人間にはそれが一番なんだと思っていましたが、ただの厨二病患者だったようです。

 

その3:憧れと現実について

きれいな女の人を見ると、よだれがで・・・じゃなかった。
あの人みたいになりたい、とか、
イケメンと知り合うと、この人に近づくために・・・とか思うじゃないですか。

最近思うのは、
自分はやっぱり自己中だなって。

というのも、思うは思うんだけど、
やっぱりいいかな、なんて思ってしまう。
たぶんそれは慕ってくれる友達に恵まれているからかもしれません。
努力は大切なのに・・・。

たとえば、きれいなおねいさんを見つけて、
この人みたいになれれば・・・!とか思いますけど、
いきなりあんなに細くはなれないし、まあこれは要努力ですけど、
毎日お化粧ばっちりとかやっぱりね、無理なんです。

これは本当に個人的思考なんですけど、
お化粧って、化けるためのものなんですよ。私にとって。
だから普段からしたら意味ないんですよ。
常に化けてるなんて疲れちゃうんですよ。
Mちゃんのみたいなすっぴんでも美術品のような美しさだったらどんなによかったか・・!
(ってもMちゃんののすっぴん見たことないけどw)

だからライブとかであほみたいなつけまつげしたりするのすごくすきなんです。

でもさ、働くとなると、どうしても化粧必須!っていわれちゃうわけですよ。
どうにかしてこの考えを根本から変える方法はないですかね?!

もうなんか、最近めんどくさい思考になってるみたいで、
知識人と話しても、同じようになろうと思えないし、
自分がのばせるとこのばせばいいかなーなんてうわー
よくないながれなんだろうなあ。

《補足説明4》気付いたら下書き消化しきってた。

まめに、コンスタントに、ということがどうしても難しい。

もはやこれは病気だと言いたいですが、病気というよりは性格ですかね。

気付いたら下書きなくなってるやんか!!

ということで5月からもいっかいがんばります!

2011年はアイルランドにいたので、このあたりからmixiよりFacebookをよく使うようになります。

そして謎の英語の投稿が増えますwww

最近30代に乗り上げたんですが、

厨二も二周目に入ったってことですかね。つらすぎる。