読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラがよりメンヘラだった過去を記録して反省するブログ

厨二病とメンヘラは大人になれば治ると思ってた!

2010.03.04 たぶん芥川龍之介かなんか読んだ後に書いてる笑

不思議に思うわけです


極端と言われてきましたけれども

私はそれをまた言われて涙を流しつつ埼京線に乗ったわけですけれども

結局無駄は無駄でしかないわけで

そんなとこに傷付けないようにだなんて気を使ってもらうくらいなら

もっと最初から使ってほしいんだよ、

じゃなかったら壊れなかったんじゃないの
耐えられたんじゃないの

今更、であり
綺麗事、であり


所謂偽善でしかない

 

しかしまあ
日本人の美学と言うのは偽善が主であるわけですのよ

写実画より浮世絵みたいな

オブラートというのは
まさにその、
“にがいやつ”
をくるんでくれるのです

苦味をきかせていいのは
大人ではなく子供です

 

だからって
あなたから言われる言葉が優しいか優しくないかなど、結果に変わりはないじゃ
ないか!

そもそも言い方が優しいかなんて、え、
なんで、え、
私じゃないのにわかるんだ、え


とここまで言ってみて


嗚呼、ですからなのですね
だから私はこんななのですね


と自分が嫌になって一人で京浜東北線で泣くわけです。きもい。

 

えふえふが終わって

生まれて初めてこんなに多くの人に感謝して、
ありがとうを言ったのだけれど、
私はきちんと言えていたか覚えていないというか、
ええ、あの声

おまえの感謝は伝わらない、

と脳内でのたもうわけです


口の形は合っていたかしら
発音は
表情は


彼らが言ってくれる楽しかったとかを
私は受け入れられない

ほんとかうそかを迷ってしまいます

 

なぜなら

あとでぐちぐち言われることなんてしょっちゅうだったから

あいつ、練習してないよな
あいつ、下手だよな
あいつ、うざいよな

ふふふん

 


後輩に言い忘れたことが一つ

本気で誉めたらいいな
貶してボロボロにするんでなく
誉めたら
きっといい
偽善なんかではなく


私は

一番私の音を聞いている人たちから誉められたことが殆ど無いので
本気で下手なんです

だので
そんな私が何を言っても愚痴なのです

そういう部活だった


クラリネットパートにいれたこと
先輩が面白く素敵だったこと
相方がMさんだったこと
可愛い優しい後輩に囲まれたこと

それ以外は無いので

もうクラリネットはやりません。
汚い音だと言いたげな
みんなの顔が思い浮かぶんよ
あなおそろしや
迷惑をかけました
謝っても意味はないのだけど
私とかぶった人本気で可哀想やな

 

そんな話はさておき

まあみなさんの仰るとおりそんだけ極端ですと

破滅への使者と言っとけばかっこいいよね
すいません内輪ネタよこれは
いやまあ、破滅への使者ってのがえふえふの曲ってだけなんだけど


なんだろね
今まで何個壊してきたんだろうかね
両手にはなんとか収まりますが


不思議に思うわけですよ


いや本気で
壊れろざまあと思っているのもありますのよ
だって
続けられなかったじゃないか
と嘲りたい負け惜しみ根性
所詮、負け惜しみですがね


だがね、
そんなに簡単に壊れるなら
作らなきゃいいじゃないかと

むなしい、
むなしい、

私がちょっと言っただけで
壊れるなんて

壊さないで、
がんばって、
見方一つで変わるやもしれないじゃない
どうしてもう無理だと思うのよ

愛ってそういうもんだって
私に見せつけてくださいと

いつも思うけど
儚くも壊れるわけです

それが、とてつもなく
悲しい

もっと人間は
愛にあふれてるんだと思いたかった
その夢うつつを見事ばっさり切られます


不思議に思うわけですよ

結婚は法に根拠があるのですよ
恋愛は無いのですよ
だのにみんなどうして
付き合ってるっていうんですか
それは法に根拠が無いんですよ
付き合ってるって
誰の、
その、
何の認識?
付き合ってるって何?

 

 

昨日は

終わってしまった、

と理解するのに必死だったのか
理解したくなかったのか
終わらせたくなかったのか
悔しかったのか
嬉しかったのか
楽しかったのか

一気に空気のようになったものに
鉄砲をがんがん撃ち飛ばしてる気持ちになって
今までが終わってしまった
これからどうすればいいんやろ
ってなってた

もうね
ああ今までがむしゃらだったのに
これからどうすりゃいいんだろ
このときまでで
私なんか使い切ったんじゃね

まあこんなんがぐるぐるしてて
ほんとほーむから飛び降りたら思考止まるんじゃね
なんて考えてたら

『またなんか作ろうぜ』

と言われた


私は
他愛も無い会話の中に混ざる
ほしかった言葉に相当弱いらしい

”そういう”空気の中で
”そういう”場所で
いわれても茶化したくなるんよ
え、だってこっぱずかしいじゃないか
なにをそんなこと真剣になって言ってんのさとなるのでね

 


不思議に思うわけです

それだけで救われた気になるのよ
そうかまたなんか作ればいいのかってね

抽象が具体化し
具体化が現実化するとまた抽象に戻る
それを具体化するのが
きっと一人じゃ出来ないんだわ


だけど私は
そんな簡単に壊れるものを作らない

そろそろ寝たほうがいいわ